XM

XMの無料VPSのメリット・デメリットや評判・使い方・登録方法まとめ!

FX初心者
FX初心者
XMのVPSが無料で使えるの?
FX戦士ヨウ
FX戦士ヨウ
その通り。無料でOK!

本記事の内容:

VPSを使いたい人、トラブル・異常気象下でもトレード環境を守りたい人向け

  • XMのVPS、無料になる条件の解説
  • メリットとデメリットと他のVPSとの比較
  • XMのVPSの申し込み方法

VPSは、バーチャル・プライベート・サーバ(virtual private server)の略称です。

  • どの端末からでも自分のPCにアクセスしたい
  • 停電やバッテリー切れの場合でも安定して稼働させたい
  • FXのEA(自動売買)ソフトを使いたい

こんな方向けに、XMのVPSを詳しく解説していきます。

3,000円ボーナスで元手0円からのFXトレード!

※無料で口座開設。サクッと5分で完了します。  

[sc name=”XM H2″]

XMの無料VPSとは

XMには条件により無料で利用できるXMTrading VPSが提供されています。

XMのデータセンターがあるロンドンから、僅か1.5キロのところにある、「XMTrading VPS」日本からもアクセスが可能です。

このサーバーを利用すると、

  • ネットの接続速度
  • PCの不具合
  • 停電など、その他の影響

に左右されることがない上に、EA(自動売買ソフト)が機能しているかの監視や、自身のPCの電源を入れることなくノンストップで稼働させ続けることができます。

また、近年、多発している異常気象による自然災害で被害にあった場合でも、VPSを利用することで、トレード環境だけは守ることが出来ますね。

 

無料になる条件

1番気になる、XMTrading VPSが無料になる条件を解説します。

条件は2つだけ:

  • 最低、5,000USD相当がXM口座に入金されていること
  • 1ヶ月に最低5往復ロット(50万通貨)取引すること

5,000USDは、1USD (1$)、108円換算で計算すると、

5,000(USD) × 108(円) = 54万円

となります。

つまり、XM口座に最低54万円分の残高がある事と、スタンダード口座なら最低5往復ロット(50万通貨)を取引することが無料でVPSを利用できる条件となります。

※マイクロ口座だと、500往復マイクロロット(50万通貨)の取引が条件となります。

5往復ロットは、1ロットで5往復、または、5ロットで1往復すれば達成出来ます。取引回数ではなく、取引額が条件。

条件を満たせない場合には、XM口座から28USDの月額費用が発生します。

日本円にすると

28(USD) × 108(円) = 3,024円

条件をクリアできなくても、月額費を払えばXMのVPSを利用することが出来ます。

3,000円ボーナスで元手0円からのFXトレード!

※無料で口座開設。サクッと5分で完了します。  

 

XM VPSの評判

PCにMT4やMT5を設定すると、開いてから取引できるまでに、10秒程度時間がかかることもあります。

VPSだと、稼働しっぱなしなので、PCを開いてアクセスすると、すぐにリアルタイムのチャートが見れますね。

XMのポイント還元と、無料VPSはありがたいですよね。

VPSにすると、EA(自動売買)ソフトの起動が安定して、速くなるようですね。

 

メリット・デメリット

実際にVPSを利用する場合にどのような、メリットやデメリットがあるのか、詳しく解説していきます。

  • 安定性(通信、耐震、予備電源)
  • 汎用性(ブラウジング出来ればどの端末からでもアクセス可能)
  • 利便性(MT4、MT5の全ての機能を使える)

ネットの接続速度が安定している

VPSはデータセンターが通信の安定した地域に作られているので、安定した通信で利用できます。

自宅や会社などの場合は、利用している回線、契約しているインターネットプロバイダーの利用者数、時間帯による混雑状況など複数の外部要因により、通信速度が左右されてしまいます。

利用している回線や、インターネットプロバイダーを変更することで、1番速度が早く安定している環境を作ることはできますが、費用と時間的効率を考えると実際に比べてみるのは、かなり難しく、また面倒臭いです。

VPSを利用すれば、それらの手間を省いて安定した通信を安心して利用することが出来ます。

PCの不具合の影響を受けない

VPSは、契約先の業者のサーバーの一部を間借りするサービスです。

その為、手元で使っているPCやスマホの不具合に影響されずに稼働することが出来ます。

PC、特にディスプレイは、何の前兆もなく突然使えなくなる事があるので、予備のトレード手段を準備するのがオススメです。

予備の手段としては、予備PCの他にスマホやタブレットも予備手段として使えますが、トレードの設定や環境が異なることが多いので、どの端末からでもアクセスできて同じ環境でトレードできるVPSは、PCに不具合があった場合に大変重宝します。

さらに言えば、スマホやタブレット、Macなどでトレードをする時に、制限される機能をVPSなら全て利用することも出来ます。

Macでも取引プラットフォームである、MT4やMT5をインストールして利用することは出来ます。

私も、Macを持っているので、一度入れたことがあるのですが、カスタムインディケーターがキレイに表示されなかったりと、結局、Windowsに設定をやり直しました。

MT4やMT5などの取引プラットフォームは、Windowsがベースになっているので、Macに最適化されていない部分があるんですね。

もう、3年ほど前なので今は改善されているかも知れませんが。

スマホやタブレットでもWindowsPCと同じ操作ができれば、スマホやタブレットでは起動できないEA(自動売買)ソフトも使うことが出来ます。

外出先でEA(自動売買)ソフトを起動することも、逆に停止することもできるので、外出先や出張先、旅行先でも、いつもと同じ環境でトレードすることが出来ますね。

停電やバッテリー切れにも影響を受けない

業者のサーバーを借りているサービスである、VPSは自宅や会社の停電や、各端末のバッテリー切れにも影響されずに稼働することが出来ます。

停電やバッテリー切れを起こすと、トレードの生命線とも言えるネット通信も使えなくなってしまうので、最悪、ポジションを持ったまま決済することも出来なくなりストップロスに引っかかって残金が「0」なんてことも。

今や、異常気象が頻繁に発生していて、どこに住んでいても自然災害からは、逃れられません。

耐震性や予備の電源を備えている、VPSのデータセンターであれば、最悪の事態を避ける可能性が高くなります。

また、VPSはどの端末からでも、アクセス可能なので、友人や家族の端末を少の時間、借りてポジションを決済することも出来ますね。

VPSをトレードで使うデメリット

VPSを使うデメリットは、月額費が発生する!の1点です。

仮に、1ヶ月3,000円として、1年間利用すると年間利用料は36,000円です。
2年使えば、72,000円になりますね。

この値段なら、取引プラットフォームであるMT4や、MT5だけを使用する専用PCを購入することも可能です。

ただ、やはり物理的に制限を受けますし、数年毎に買い替えが必要になります。

そう考えると、月額費だけで、ずっと同じ環境でトレードできるVPSは、買い替えや再設定などの、余分な手間がかからないのでメリットが大きそうですね。

また、EA(自動転売)ソフトを使って取引をする場合には、VPSは必須の環境です。

 

申し込み手順

ここでは、XMのVPSへ申し込む手順を解説します。

公式サイトトップページへアクセスして、「会員ログイン」をクリックします。

▼「ID」と「パスワード」を入力し「ログイン」をクリックします。

 

▼「口座」をクリックします。

▼右側のプロフィールの中にある「VPS」をクリックします。

▼注意事項が表示されるので、確認しましょう。

  • XM口座には最低5,000USD(108円で計算して54万円相当)が必要
  • 最低30日以内に、5ラウンドターンロットの取引が必要
  • 上記2点を満たさない場合は、28USD同等額がXM口座から引き落とされる
  • XM口座の残高が足りない場合には、VPSサービスは停止される

▼最後に「入金」をクリックすると申し込みが完了します。

 

(参考)他のVPSを比較

XMで無料VPSの条件を満たせないなら、XM以外のVPSを使ってもOKです。

初期費用が気になるなら、初期費用不要の「ConoHa VPS」か「お名前.com デスクトップクラウド」

初期費用を払って月額費を安くしたいなら、「GMOクラウド」か「さくらインターネット」ですね。

▼初期費用不要

Conoha VPS お名前.com デスクトップクラウド
月額 900円 1,750円 2,160円 2,212円 4,190円
メモリ 1GB 2GB 1GB 1.5GB 2GB
CPU 2コア 3コア 1コア 2コア 3コア
容量 50GB 50GB 50GB 50GB 100GB

 

▼初期費用はあるが月額は安い

GMOクラウド さくらインターネット
初期費用 4,000円
1,620円 2,160円
月額 780円 1,280円 972円/月 1,706円/月
メモリ 1GB 2GB 1GB 2GB
CPU 2コア 3コア 2コア 3コア
容量 50GB 100GB 30GB 50GB

個人的には、メモリは2GB、CPUは多い方がいいので、月額費の安い「ConoHa VPS」か「GMOクラウド」ですね。

私は初期費用を払っても月額費を安くしたいので、「GMOクラウド」が第1候補です。

初期費用を払いたく無い人や、取り敢えず短期間だけ使いたい人は、「ConoHa VPS」がいいと思います。

 

まとめ:XMの無料VPS

本記事では、XMの無料VPSをまとめました。

これまでVPSを使ったことがなく無料条件に達している方は、試しにでも使ってみることがおすすめです。

特にEAを使う方には必須のサービスになるので、ぜひ検討してくださいね。

また、XMにかかわらず他のVPSサービスもあるのであわせて自分にあったものを検討するといいですね…!

3,000円ボーナスで元手0円からのFXトレード!

※無料で口座開設。サクッと5分で完了します。  

[sc name=”XM H2″]

 ボーナスではじめる海外FX

POINT


右も左もわからない海外FX
初心者にやさしく解説!

元手0でOK!ボーナスでFXができる

当サイトが厳選しておすすめする海外FXを紹介

 

\ 続きを読む /

詳細はこちら