注文方法

FXで損しない為の注文方法完全まとめ【IFO・OCO・IFD・トレール】

shutterstock 101078827 - FXで損しない為の注文方法完全まとめ【IFO・OCO・IFD・トレール】
ヨウ
ヨウ
FXでやることは基本的に「売る」か「買う」かだけ。
とても単純だよね。
FX初心者
FX初心者
そうですね。意外とやることは単純ですよね!
ヨウ
ヨウ
そう。でも、この「売る・買う」の単純な事なんだけど、「買い方」にはいくつか種類があるんだ。
いろいろと便利な売買方法があるから、自分なりにやりやすい注文方法を見つけるとさらに楽しくなるよ!

 

FX初心者
FX初心者
そうなんですね!ぜひ知りたいです!

1 FXでの取引の流れ

d503f949d466dda58cf73f714a437655 300x289 - FXで損しない為の注文方法完全まとめ【IFO・OCO・IFD・トレール】

1.1 FXとは

おさらいにはなりますが、軽く復習しましょう。
FXとは英語でForeign exchangeの略であり、日本語では外国為替証拠金取引と言います。円やドルやユーロなどを取引して為替レートの変動によって利益を得るものが一般的です。必ずしも自分の国の通貨でなければいけないということはなく、日本人であってもドルとユーロの通貨の取引をすることが可能です。

 

1.2 FXでの差益による利益の出し方

主に二つの利益の上げ方があります。

一つ目は日々変動する為替レートをもとに買った時のレートと売った時のレートの差額で利益を得ることを言います。
これが為替差益です。

 

二つ目は為替レートの変動によって利益を得るものが一般的ですがFXでは金利差でも利益を得ることができます。
そもそもスワップポイントとは2カ国での金利差のことを言います。

 

1.3 売りと買い

取引では売り買いが必ず発生します。

買った後には必ず売るため、レートが下がった時に買い上がった時に売ります。逆に売りから入ることも出来ます。レートが上がった時に売り、レートが下がった時に買います。FXの用語として買い=ロング、売り=ショートと言います。

その差による利益が一般的な利益となります。

例えば1ドル100円での時に100万円分(1万通貨)買った後に1ドル110円で売った場合

110-100=10(為替差)

10◊10000(通貨)=100000円(利益)

となります。

 

2 FXでの売買の注文種類

c4c7755ed33ffbb6f69a88686dcd7d18 300x150 - FXで損しない為の注文方法完全まとめ【IFO・OCO・IFD・トレール】

注文方法の種類一覧

まず覚えておくべき注文方法をまとめました。

成行(なりゆき)注文
指値(さしね)注文
逆指値注文
IFD注文
OCO注文
IFO注文
トレール注文

一つずつ解説していきますね。

成行注文とは

成行注文は、まさに「今」の価格で売ったり買ったりするために出す注文のことです。
例えば、ドル円が110.43円だとしたら、110.43円で買ったり売ったりすることです。(もちろんスプレッドがあるので、売りと買いで値段はちょっと違いますが)

次に説明する指値のようにレートを指定しないので、すぐに注文が出せることが特徴です。そのためすぐに売買が成立しやすく、チャンスだと思ったときにすぐにエントリーしたり利確できたりします。

成行注文の注意点としては、相場は常に動いているので、確かに表示されていた金額が例えば110.43円だったとしても、注文確認画面に行って、確定ボタンを押すまでに値段が動いている可能性も十分に考えられます。

そのため、実際には約定するまでいくらで売り買いしたかわからない、ということになります。指定したレートと約定レートの違いが生じることを「スリッページ」と言います。
本来注文を使用した値段から滑ってずれたから、スリッページと覚えましょう!

成行注文は、「プライスオーダー」「クイックトレード」「マーケット注文」「リアルタイムトレード」とも言われたりするので、頭の片隅に入れておくといいと思います。

まとめますと、
<メリット>
すぐに売り買いができるため、チャンスの時にすぐに行動に移せる。また、指定する手間がない。

<デメリット>
注文した時点の値段が変わる場合があり、変動した価格で約定する。

指値注文とは

指値注文も比較的わかりやすいと思います。
あらかじめ売りたい価格、買いたい価格を指定して取引をする方法です。

成行注文ですと、レートは常に動いていますからなかなか思い通りの価格で買ったり売ったりすることは難しいです。
しかし指値注文の場合、自分で売り買いしたい価格を決めるわけですから、指定した価格で取引が可能になります。

例えば、「ドル円が98円になったら買いたい」と思ったら、1ドル=98円で指値買いオーダーを出し、「ドル円が112円になったら売りたい」と思ったら1ドル112円で指値売りオーダーを出します。

指値注文の使い方としては、例えば現在のレートが1ドル110円だったとして、1ドル108円で買い注文を出しました。
そしてしばらくすると1ドル108円になり、思い通りの価格で買えたとします。

この後、円安に動くと予想し、でも112円以上には上がらないなと思ったとします。その場合は1ドル112円で売りの指値注文を出しておけば、112円になった瞬間に自動的に売りが成立し利益を得られます。

指値注文の場合の注意点は、なかなか指値で指定したレートにならない場合です。
その場合なかなか約定しないので、意味のない、もしくはそんなポジションを持ち続けてしまう恐れがあるので、気をつけながら指値を利用しましょう。

逆指値注文とは

逆指値注文は指値注文の逆で、現在のレートより「上がったら買う」「下がったら売る」というように、逆の注文のことです。

一見損をしに行くような注文の仕方に見えますが、どんな意味があるのでしょうか。
逆指値注文をする理由は、
・損失を確実に止める
・トレンドに乗りやすい
・一定の利益を確定できる

です。

損失を確実に止められる理由として、
例えば相場が予想と逆の動きをした場合、できるだけ損失を最小限にとどめたいですよね。その場合、あらかじめ損失を限定しておくために逆指値を使うことが有効です。

現在ドル円が115円だとします。上がると予想しているが114円まで下がってしまった場合、損切りをしたいという場合、逆指値をしておきます。

そして次の理由が、トレンドに乗りやすいということです。
相場は、一定の方向に動き始めるとしばらくその方向に動く傾向にあります。

上昇のトレンドが来た時にはその動きが続くと予想し今のレートより高くなったら買い、下降トレンドでどんどん下がっていく場合、売りをすることで利益を得られます。

例えば現在1ドル112円だとして、115円まで上昇すれば上昇トレンドだと判断するとします。その場合1ドル115円で逆指値を入れておけば、上昇トレンドに乗っていけるわけです。

その逆もしかりです。

3つめの利益を確定することについて、
例えば、1ドル115円で買ったとして、相場が動いて120円になりました。
そこで、レートが下がったとしても利益を確定したい場合、1ドル118円で逆指値による売り注文を出しておけば、118円―115円で最低でも1ドル当たり3円の利益を得ることができます。

IFD注文

ちょっと意味わからないアルファベットの注文方法が出てきました。笑
これはIFD(イフダン)注文と言われ、if doneで「もし〇〇の場合、■■する」という仮定を考えて注文ができる方法です。

例えば、現在1ドル100円でもしこれから上昇して112円になったら上昇トレンドになりそう、でもさすがに115円を超えたら戻りそうだと予想したとします。
その場合、IFD注文で、「もし1ドル112円になったら買って、115円まで上がったら売る」
という注文ができます。

「もし1ドル112円になったら買って」までだったら指値注文と同様ですよね。

でもIFD注文は、その後に「115円まで上がったら売る」ということまでできるのです。

もう一つ例を挙げますね。
現在1ドル110円だとします。これから上がると思うのですが、損を最小限に抑えたいとします。
その場合、1ドル112円になったら買いで、でも1ドル108円になったら売る。糖うことができます。

1ドル112円になったら自動的に「1ドル108円になったら売る」という指示が自動的に有効になります。
つまり、1つ目の注文が行われたら2つ目の注文が発動するわけです。

OCO注文とは

OCO(オーシーオー)注文は、1度に2つ注文が出せ、どちらかの注文が約定するともう一方の注文が取り消されるという注文方法になります。

簡単に言いますと、「今より高くなったらこうして、安くなったらこうする」ということができます。

例えば現在110円だとします。
113円になったら買って、その後115円になったら売りたい。111円になったら売りたい。という注文ができます。

一方で利益を確保でき、一方に動いたら損失を限定させることができます。

また、成行きOCO注文という者もあります。
最初のアクションを指値や逆指値ではなく、成行ですぐにポジションをもつことができます。
その後、〇〇の場合は△△、××の場合は□□、とできます。

IFO注文とは

IFO(アイエフオー)注文と読み、これはIFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。

どう組み合わせているかというと、IFD注文が約定した後にOCO注文が発動するという仕組みになっています。

上記のIFD注文とOCO注文を頭に入れながら読み進めて頂きたいのですが、IFD注文は決済注文は1つしかできませんが、OCO注文は2つ注文が出せます。

早速例で考えてみます。
現在のレートが1ドル115円とします。
1ドル114円になったら、そこから上昇すると予想して買いの注文をしたい。そして利益を確保するために117円になったら売りたい。でも、損はしたくないから112円になったら売り注文を出したい。

こんなことができるわけです。

2.2 ストリーミング注文・リーブオーダー

ストリーミング注文とは、リアルタイムで表示されているレートを任意のタイミングでクリックして発注する注文方法です。

成行のようにレートにブレがないので、自分が約定させたいレートで約定させることができます。また、クリックしたときにレートが思っていた方と逆の動きをした場合は約定させない注文方法です。

 

リーブオーダー注文とは自分が決めた価格で注文を出すことをいい、指値注文と逆指値注文を総称した注文のことを言います。

トレール注文

トレールとは注文価格をレートに合わせて 自動的に変更される注文方法です。トレール幅が大きい時、トレンドが一方向に向かっている時、トレール価格がどこまでも上がっていきますので、決済されません。

 

3 損切りが苦手な方

FX 300x212 - FXで損しない為の注文方法完全まとめ【IFO・OCO・IFD・トレール】

3.1 損切り、塩漬けとは

損切りとは、損失が大きく膨らむ前に、少しの損失が出た時に決済をして、損失を抑える事です。自分がエントリーした際に、思った方向と違う方向にチャートが動いた時に損切りをします。

いくらまでレートが動いたら決済をすることをあらかじめ決めることで大切な資産を守ることができます。どんなプロトレーダーでも損するときは必ずあります。その為、いかに損失を抑えるかが大事になります。

また、塩漬けとは損した状態のまま、保有し続けることを言います。

 

3.2 ロスカットとは

ロスカットとは含み損が大きくなりすぎた時に、自動的に決済される仕組みのことです。ロスカットがなければ資産がなくなったり、不足してしまう可能性があり、それを防ぐためにあります。証券会社としても、資産がマイナスになったしまっては困るからでもあります。

 

レバレッジをかけすぎてしまうと、含み損が膨れ上がりやすくなるので注意してください。また、ロスカットになった場合は資産をかなり大きく減らすことになるので、ロスカットに注視してトレードをして下さい。

 

3.3 システムトレードとは

システムトレードとは、自動で売買してくれるので、取引で感情が入ることなく、機械的にトレードができます。
ただ、相場の大きな変化に対応できないというデメリットもあります。

また、システムトレードには開発型と選択型の二つがあり、開発型は自分オリジナルで取引の設定ができます。ある程度の知識は必要となります。

選択型はシステム提供会社がシステムを作っている為、知識がなくても簡単にトレードができます。

 

まとめ

FX初心者
FX初心者
色々な注文方法があるんですね。注文しておいて、自分にとって有利に相場が動いたら決済できて、不利に動いたら決済しないなんてすごく良いですよね。
ヨウ
ヨウ
そうだね。売買方法は自分のトレードスタイルや、相場に合わせて選ぶようにしよう。
そうすることで、利益を最大限に伸ばし、損失も最小限の抑えることもできるようになるよ。

 ボーナスではじめる海外FX

918501aac88a1d7d077d4ebc166b8433 -
POINT


右も左もわからない海外FX
初心者にやさしく解説!

元手0でOK!ボーナスでFXができる

当サイトが厳選しておすすめする海外FXを紹介

 

\ 続きを読む /

詳細はこちら無料登録へ