トレンドラインを引いて、チャートの方向性を見る

今日は、投資家Gの家の近くのスターバックスでレクチャー。私は早めに到着し、前回教えてもらった復習をして待つことにしました。

・株式投資とFXの違い
・目標の立て方のポイント

今日から本格的なFXのことを教えてくれるとのことで、ワクワクして待っていました。

10分くらいすると、グランデサイズのアイスコーヒーを片手にYシャツに半ズボン、サンダル姿の投資家Gさんが現れた。

投資家G
お待たせ!早速はじめようか。今日はチャートの基本的な見方と分析の方法を教えるね。
まどか
はい、お願いします!楽しみです。

トレンドは上昇か?下降か?

デモ画面を開いて、と言われ、まどかは早速PCを開きます。

FXのチャート画面

これは外貨ネクストネオという、外為ドットこむのデモ画面です。

デモ口座を開こうの記事で詳しく紹介しましたが、デモ取引を開始するのは、本当に簡単にできるので、すぐにでもやってみてくださいね。

投資家G
デモ画面でチャートを開いたら、最初の一歩としておすすめなのがチャートにラインを引くことだ。これは、プロの為替ディーラーもチャートに線を引いて取引をしていたりするんだよ。

チャート分析で基本となるラインはいくつかあるのですが、その第一歩が「トレンドライン」と呼ばれるもの。

その名の通り、市場のトレンド(方向性)を示すラインです。

投資家G
漠然と見ているだけだとよくわからなくても、線を引くと意外とトレンドが見えてきたりするんだよ。

トレンドラインの引き方は本当に簡単です。

チャートをパッと見て、上がっていると思ったら、目立っている安値と安値を結びます。逆に下がっていると思ったら、目立ってる高値と高値を結ぶだけです。

まさにこれだけ。簡単でしょ?

 

ただし、トレンドラインを引く時は、ローソク足がラインからはみ出さないようにすることです。

それに気をつけたら過去の安値と安値、高値と高値を結んでみましょう。

トレンドラインのFXチャート

斜めにオレンジ色の線で引いたのがトレンドラインです。

このように引くと、大体どこからどの辺までが上昇していて、どの辺から下降しているか?などがざっくりわかりますよね。

トレンドラインを引いたらチャンスをうかがう

トレンドラインを見る時に大切なのが、現在の価格とトレンドラインとの位置関係です。

 

基本的にトレンドラインに沿って上昇したり下降したりしていくものなのですが、例えば上昇のトレンドの時に、トレンドラインから大きく離れて上昇した時は、上げすぎたとして、しばらくしたらトレンドラインまで戻ってくることが多い。

例えば以下↓
上昇トレンドラインに戻る図

下降トレンドの時も同様で、トレンドラインの下へ大きく離れたときは、トレンドラインまで戻ってくることが多いのです。

例えば以下のように↓
下降トレンドで戻ってくる図

投資家G
もちろん、最初は自分が引いたトレンドラインがあっているのか間違っているのかわからないこともあると思うけど、トレンドラインは人によって引き方は様々で、正解があるわけではないんだよ。

何回も引き直したりして、しっくりくる線を引けて来たらOK。

まどか
と言われても、最初は本当にちゃんと引けているのか不安です・・・・
投資家G
ハッハッハそうだよね。そしたら最初のうちは僕に見せてくれたら見るよ!
まどか
有難うございます・・・!