安全なFXトレードをするための証拠金維持率の計算方法

まどか
FX用語として「証拠金」という言葉がありますが、
いまいち理解できてないです。
投資家G
証拠金や証拠金取引、証拠金維持率、そしてロスカットなどの言葉の意味は
FXをするなら必ず抑えておかなくてはいけないよ!

 

今回はFXをするにあたって重要な資金管理の基本の一つでもある
証拠金、証拠金取引、証拠金維持率、ロスカット。それぞれについてと、その計算方法などをご紹介します。
しっかりと理解してトレードに役立てましょう。

目次

  1. 証拠金取引とは
  2. 必要証拠金とは
  3. 証拠金維持率とは
  4. ロスカットについて
  5. 安全にトレードするための証拠金維持率の計算方法
  6. 証券会社によって異なる
  7. まとめ

 

証拠金取引とは

まず証拠金取引とは何なのか?について説明します。

FX(外国為替証拠金取引)を行うためには、証券会社に口座開設をするのはもちろんですが、口座開設が完了したらその口座に担保金を預けなければ取引はできません
その担保金が「証拠金」になります。

そして、預けた証拠金の範囲内で取引することを「証拠金取引」と言います。

 

証拠金取引は、証券取引所によって異なりますが、預けた金額の約10倍~25倍の取引が行えます
これは、レバレッジ取引と言います。

例えば
10万円を預けたら100万円~250万円の取引でき
100万円を預けたら1000万円~2500万円できます。

預けたお金が動くのではなく、このような取引で生まれた損益の額だけが動きます。

これは「差金決済」というものです。
損益分の額が自分の証拠金残高から増減します。

少ない時間と少ない資金で稼ぐにはすごく効率が良いものです。

必要証拠金とは

FXをする時には、「必要証拠金」があります。

例えば
1ドル100円で1万ドルの取引をする時は100万円が必要なので
レバレッジ10倍では必要証拠金は10万円
レバレッジ25倍では必要証拠金は4万円です。

このようにレバレッジ設定や取引通貨によって異なりますが、
取引するために最低限必要な担保金のことを「必要証拠金」と言います。

 

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、取引している額の必要証拠金に対して自分の口座にある証拠金残高の割合のことです。

例えばレバレッジ10倍で1ドル100円の時に1万ドルを購入していた場合、必要証拠金は10万円です。
そして自分の証拠金残高は10万円だった場合の証拠金維持率は100%です。

しかし、その後下がって1ドル90円になった場合は、含み損が1万円になってしまい
証拠金残高は9万円になり証拠金維持率は90%になります。

その逆で1ドル110円に上がった場合は、
証拠金残高が11万円になり証拠金維持率は110%になります。

 

このように、決済をせずに取引している状態のままでも為替差益や為替差損が証拠金残高に反映されて証拠金が増えたり減ったりしても有効証拠金が変動して証拠金維持率が変動します。

 

ポジションを保有している場合は、この証拠金維持率は常に把握していないといけませんね。
と言いますのは、この証拠金維持率の変動で自動決済されてしまう可能性があるからです。

その自動決済が次に説明します「ロスカット」というものです。

 

ロスカット

証券会社が決めた証拠金維持率を下回った場合に自動的に全ポジションを自動で決済されることを「ロスカット」と言います。

 

例えば、レバレッジ25倍で1ドル100円の時に1万ドルを買うと必要証拠金は4万円です。
そして、証拠金は4万円だった場合証拠金維持率は100%でした。

しかし、その後、1ドル99円になってしまい含み損が1千円で証拠金が3万9千円になってしまいました。なので、証拠金維持率は97.5%になってしまいました。

 

証券会社によってロスカット基準は違いますが、もしこの時の証券会社のロスカット基準が証拠金維持率100%だった場合は、強制的にロスカットされます。

価格は常に変動していますので、もしかしたらその後101円にもどるかもしれませんよね?
その場合はさっきまで含み損だったものが含み益に変わる可能性があるということです。

しかし、ロスカットで強制決済をされてしまったら損で終わってしまいます。
逆にもっと下がって98円になる事もありますので、ロスカットにならなければもっと損になってしまうこともあります。

なので、ロスカットが良いブレーキになって助かることもありますので、ロスカットにかからなければよいというわけではありません。

 

投資家G
ここまではしっかり理解できたかな?
まどか
なんとなく分かってきました!
投資家G
証拠金取引、必要証拠金、証拠金維持率、ロスカット。
この4つを理解できたら、今度は安全に取引するためにその4つの計算方法について説明しよう。
まどか
お願いします!

安全な取引をするための証拠金維持率の計算方法

◆必要証拠金の計算方法

為替レート×通貨数量÷レバレッジ比率=必要証拠金

例えば、1ドル100円の場合(100円×1000通貨÷25=4000円)
これが1ドル103円になったら(103円×1000通貨÷25=4120円)

これは、レバレッジ25倍設定の場合です。

◆有効証拠金の計算方法

証拠金±含み損益=有効証拠金

これは簡単ですね。自分の証拠金に含み益や含み損を計算するだけです。

例えば、証拠金が4万円で1ドル100円の時に1000通貨買った場合に1ドル101円になった場合は
4万円+1000円=4万1千円になります。

◆証拠金維持率の計算方法

有効証拠金÷必要証拠金×100=証拠金維持率

これも上記2つででた金額を計算していくだけです。

例えば上記の場合でしたら、
4万1千円÷(101円×1000通貨÷25)×100=102.39%になります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
上記で紹介した計算をしながら、短期より中期、中期より長期のようにポジションを長く持てば持つほどロスカット基準にかからないように余裕を持った通貨数で取引することが重要になります。

下記の写真が実際に証券会社での表示のされ方です。

それが、できるだけ安全なFX(外国為替証拠金取引)をすることができると思います。

 

投資家G
少し細かいので、慣れるまで最初は面倒かもしれないが、
このことは、FX (外国為替証拠金取引)をするにあたってとても重要なこと。
後回しにせずここでしっかりと理解することをオススメするよ。
まどか
わかりました!まずここでしっかり理解するように頑張ります!