日本人は洗脳されている!?FXと株式投資の違いと安全性

こんにちは、円です。
今日は投資家Gさんに教わった最初のこと「FXと株の違い」について書こうと思います!

投資をやりたいと思ったときに、比較的少額からできるものとしても、手軽に始められるものとしてもFXと株が上げられますよね。

 

その点で「どっちをやったほうがいいの?」とか「どっちがリスク低いの?」という声をちらほら耳にすることがあります。

もちろん、どっちがリスク低いです!と断言はできません。
ただ、FX、株それぞれの考え方や背景を知ると、見えてくるものがあるかもしれません。

投資家G
じゃあやりましょうか!
まどか
はい、お願いします!
投資家G
早速だけど、FXってどんなイメージ?
まどか
どんなイメージって、えーとなんかリスク高いイメージでしょうか。」
投資家G
そうだよね、残念ながら一般的にはそう思われていることが多いんだよね。でも、それって実は日本国民が洗脳されているのかもしれないね。
まどか
え、どういうことですか?洗脳ってマインドコントロールってことですか?
投資家G
うん、同じことだよね。笑 例えば「株」と「FX」を比べたらどっちがクリーンなイメージある?
まどか
そうですね、株の方がなんかニュースにも出てきますし、一般的な気がします。
投資家G
そうだよね。そこが洗脳されているんだよ!ワッハッハ!
まどか
どういうことですか?教えてください!

経済に貢献するのはどっちだ?

FXと言うと、

「ギャンブルだ」
「そんな危ないことはしないほうがいい」

と言われていたりします。

 

そこまで極端ではなくても

「儲けてる人もいるみたいだけど、負けたら大変だしねぇ」

と、なかなか自分が実際にやってみるところまでいかない人も多いのではないでしょうか?

 

原因はいくつかあると思いますが、理由の一つは、経済にとってあまりプラスにならないから。という話があります。

これはどういうことかと言いますと、株とFXを比較してみればわかりやすいかもしれません。

株の仕組みは、ご存知のように、上場している株式会社の株を不特定多数の人が買える株式市場という仕組みで、そこで上場企業の株を売買できます。

株価は日経平均株価やTOPIXなどの価格に反映され経済成長の指標にもされます。

 

また、上場企業からしてみれば、株を高値で買ってもらうと、市場から資金を調達することができ、会社が成長しやすくなりますよね。

 

そして会社が成長する=売り上げを上げ利益を上げることになるので、さらなる拡大のために雇用を増やし、社員の給与を上げる。そうすると社員人も給料をたくさんもらえるので、消費が増える。

そうすると経済が活性化していきます(*´ω`)

 

経済の活性化が一つの日本の課題でもありますから、今の自民党はじめ政治家や経済界の人たちは株式市場を活性化させたいわけです。

 

 

一方で、FXはこちらもご存知のように為替取引です。
FXは日本の経済にどう貢献しているかというと、、、、あまり貢献していません(*・∀・*)ノ

もちろん円高になったり円安になったりすることで、輸出入企業などは影響を受けるかもしれませんが、FXの取引が増えるからと言って、日本経済が活性化するかというとそうではありません。

FXの口座を提供しているFX会社が儲かるので、その会社は頑張ってFXをもっと多くの人にやってもらおうとしますが、数が限られていますよね。

 

株は、政治家も経済界も「株を取引してほしい」と思っているので、日本全体として、「株式投資をやりましょう~」という風潮をつくり、クリーンなイメージを作ってきたわけです。

 

一方で、日本経済にあまり貢献しないFXは当然国や政治経済業界のバックアップもなく、むしろ「FXなんかに投資しないで株に投資しましょう!」となるわけなので、FXはまんまと、

「なんか危ない」
「リスクが高い」

というイメージが作られてきてしまったわけです。‘`ィ(´∀`∩

 

これは極端に言えば、
株・・・クリーンなイメージ。奨励されるべき投資
FX・・・危ないイメージ。ギャンブル好きがやる投資

 

という風潮をつくり、日本国民を洗脳させて、株に資金が流れるようにしてきたのではないでしょうか?(人´∀`)ダヨネ!

 

もちろん、だからと言って株を敵に回すわけではありません。
言いたいのは、株=一般的にやってもおかしくないもの、FX=なんか危ないもの、ではなくて、株もFXも投資対象として、同じように扱えばいいのではないか?と思うわけです。

 

でも日本経済に貢献するのは株だから、そういう空気感を権力のある人たちが作ってきたわけですよね~。

 

「いやいや、でもFXはしょせん為替。株は立派に会社をやっている人たちを応援することにもなるんだから、株の方がクリーンなイメージがあって当然でしょ」

という意見があったとします。

 

たしかに、日本経済に貢献したい方はそういう考え方で全く構いません。立派なことです。

要は、何のために投資をするか?だと思います。
日本経済に貢献することが目的ならばそれでいいと思います。

 

しかし、自分がお金を稼ぐことをまずするのであれば、日本経済というよりも、冷静に真実を見つめたほうがいいと思いませんか?d(>ω<。)ネッ!!

株とFXどっちが安全?

まどか
そうなんですね!FXって漠然とリスクが高いイメージありましたけど、こういう日本全体がイメージ操作しているというのもあるんですね。
投資家G
洗脳と言うと聞こえが悪いけど、要は株を買ってもらった方が都合のいい人たちが多くいるってことだね。
まどか
イメージはわかったのですが、FXと株を比較するなら、どちらがリスク低いとかあるんですか?
投資家G
一概には言えないけど、ちょっと一つの考え方を紹介するね。

株式というのは、会社の株価によって値段が変わっていきます。FXも為替なので、日々刻々と円やドルの値段が変わっていきます。
そういう意味では株もFXも同じように値段が上がったり下がったりするわけです。

 

しかし、リスクという意味で違いがあるんです。
例えば、A社の株をあなたが買ったとしましょう。

 

そしてA社で不祥事をした社員が1人いて、そのせいで会社の業績が落ち、倒産寸前まであっという間に行ってしまったとします。
そうすると、株価は一気に急落し、挙句の果てには株券が紙切れ状態に近くなってしまうかもしれません。

 

株の怖いところは、いくら信用のある会社でもたった一人の人的ミスや故意で、株価に影響し持っていた株券が無価値になってしまうところまで価格が下がってしまうところです。

 

一方為替は、国が破たんしない限りどちらかの通貨が0円になることはあり得ないですよね?

例えば今まで1ドル100円だったけど、1ドル1円になりました、なんてことはそうそう起きないわけです。

でも株だと起こりえます。

 

そういう意味で、株は0になるリスクがFXよりも高いと言えます。

また、FXは国の通貨です。株は、インデックスなどの商品ではない場合、どこかの1企業です。
国VS1企業、どちらが破たん・倒産する確率がありますか?と考えてみるとわかりやすいと思います。

 

このように、FXはリスクが高いと考えられていますが、冷静になってみるとクリーンなイメージの株よりも、もしかしたらリスクの低い投資であるという考え方もできるかもしれません。

投資家G
補足として言っておくと、FXにはレバレッジがあって、これを訳も分からずむやみやたらにやると危険だから、それでFXはリスクが高いと思われている節もあるかもね。
まどか
そうなんですね。
投資家G
でもこれって使い方次第だよね。例えば、手術用のメスがあったとするよね。このメスを素人が使うと危なっかしくてしょうがない。でも訓練した執刀医が使えば、悪いものを取り除いてくれる、非常に有効なものになるよね?
まどか
たしかに!
投資家G
だから、ちゃんと知識をつけて扱い方を覚えれば、有効なものになるということだよ。
まどか
そうですね、ありがとうございます!

(・∀・)/ ハーイご参考~
私が投資家Gさん&FX業者界隈で知りえた情報をまとめて、実際に私も使っている口座を用途別にご紹介してます!^^/

実際どの口座が一番利益が出るの?項目別で比較!L(´▽`L )>>