トレード手法

窓開けと窓埋めってなに?知っているだけで大きなチャンス!

shutterstock 1034013889 - 窓開けと窓埋めってなに?知っているだけで大きなチャンス!

FXをしていて、手法などを色々と調べている方が多いと思います。

その中で「窓」について調べると、埋まる、勝てるなどの記載が書かれていることを結構見ますよね。

ただ、「窓」で必ず勝てるというものではありません。
埋まる可能性もあれば、勝てる可能性もあるくらいで認識していただければと思います。

では、窓を使ったトレードでは勝てないのか?というと、そういうわけではありません。
しっかりと理解することで勝てるチャンスになります!!

そこで、今回は窓について書いていこうと思います。しっかりと理解することでいざという時にチャンスが掴めるようにしましょう。

 

窓開け

shutterstock 1034013889 - 窓開けと窓埋めってなに?知っているだけで大きなチャンス!

窓開けとは?

そもそも、よく聞く窓開けとはどういうものなのでしょうか?

ローソク足のチャートで、不自然に大きな空間ができているのを見たことがありませんか?
それが窓開けと言われるものです。

窓開けが起こる原因として、週末に為替市場が終わった後の終値と、翌週の頭に、為替市場が始まった時の始値に価格差があるときにこのような事態が発生します。

為替市場が動かない土日の間に、相場を大きく動かすような事態が起こると、週明けと同時に、相場が大きく動くことでこの様な窓という現象が起こります。

サポートライン・レジスタンスライン

窓開けは、よく聞く窓は開いたら閉まるなどの窓埋め理論に使うのではなく、
サポートラインやレジスタンスラインとして使います。

サポートラインとは、下値支持線とも言いわれています。

相場がサポートラインまで下がってきたら、そこよりも下がらないように相場は反発しようとします。
相場が下値のラインを越えて下がらないように支持することで下値支持線となります。

一方、レジスタンスラインは、上値抵抗線と言われています。

相場が上昇して、レジスタンスラインに近づくと、そのラインを超えて相場が上昇しないように圧力がかかります。相場が上値を超えないように抵抗することで 上値抵抗線となります。

窓開いた場合は開き方によってこの二つのラインとして見ていただければと思います。

窓開けの種類

ギャップアップ、ギャップダウンの2種類があります。

ギャップアップとは、窓開けの中で直前にあるローソク足よりも高いレートで、次のローソク足が始まっているものをいいます。

週末などに上がる可能性のある、好材料な情報があった場合このようなことが起こりえます。

ギャップダウンはギャップアップの反対です。

窓開けの中で、直前にあるローソク足よりも安いレートで、次のローソク足が始まっているもののことを言います。

週末などに下がる可能性のある、悪材料な情報があった場合このようなことが起こりえます。

 

窓埋め

shutterstock 748728976 - 窓開けと窓埋めってなに?知っているだけで大きなチャンス!

窓埋めとは?

窓開けが起こると窓埋めという現象が起きる可能性がとても高くなります。

なので、窓空けと窓埋めは一緒に覚えると良いです。

ギャップアップした価格と同じ位置まで戻ってることを窓埋めと言います。
開いた窓を閉めるように動くので窓埋めといわれています。

窓埋めが起こる原理

週末の情報を元に、好材料があれば上がり、悪材料があれば下がるということは分かっていただけたと思います。

例えば週末に好材料があり、オープンと同時に週末に溜まっていた買い注文が一気に流れるのでギャップアップが起こります。

そして、週末に買っていた投資家はそこで利益が出た時に利確する人が大半います。それにより窓が閉まるような現象が起こり、窓埋めが起こるわけです。

窓埋めが起こる流れはこのようなものです。

なので、好材料の為上がり続けることがあるのです。もちろんギャップダウンも同じような流れで起こります。

 

注意点

shutterstock 732366031 - 窓開けと窓埋めってなに?知っているだけで大きなチャンス!

冒頭にも書きましたが、窓開けがあったからといって必ずしも窓が閉まるとは限りません。

確かに、窓のみのトレードしかしない人も中にはいるでしょう。

ただし、そういう投資家であっても、窓が開いたら必ずエントリーするということではありません。

エントリーしても大丈夫かを見極めてからエントリーしているので不用意に開いたからエントリーなどはしないようにしてください。

本来であればこの窓開きの後の窓閉めを狙ってエントリーすることは、現在の相場と逆向きに張るので、逆張りとなります。

ギャップアップするということは、買いがかなり強くなっているにもかかわらず、売りでポジションを持っていることになるので、逆らっているということになります。

ギャップダウンはその逆で売りがかなり強くなっているにもかかわらず、買いポジションを持つことは逆らうことになります。

基本的にFXで勝つためには、トレンドの流れに乗ることが大切です。

根拠のないままトレンドの流れに逆らう逆張りは、上手くいかないので注意しましょう。

 

まとめ

 

窓埋め理論を始めて聞きた方は必ず埋まるという響きに魅力を感じる人が多いかもしれません。

ただ、何も知らないで鵜呑みにすると大変なことになるので注意しましょう…!

他にも似たようなおいしい話が出てくるかもしれませんが、その際は必ず自分で調べることをお勧めします。

また、その後デモでトレードするようにしてトレードをすると安心です。

 ボーナスではじめる海外FX

918501aac88a1d7d077d4ebc166b8433 -
POINT


右も左もわからない海外FX
初心者にやさしく解説!

元手0でOK!ボーナスでFXができる

当サイトが厳選しておすすめする海外FXを紹介

 

\ 続きを読む /

詳細はこちら無料登録へ