外貨預金感覚でFX!中長期投資で増やす方法とは

投資家G
日本円ではなく外国の通貨で預金をすることを外貨預金という。
日本より金利の高い国の通貨を持っているだけで、お金を増やすことができるんだ。
ミサ
なるほど!
投資家G
そして、FX投資の手法の中で「外貨預金」感覚でできるものがあるんだよ。
作業も簡単なので初心者にもオススメだ。
ミサ
それはぜひ知りたいです!!

 

老後が不安で貯金をしている人や、投資信託をしている人、自分で株の取引をしている人などが増えてきています。

年金が払った以上に貰えない可能性がある中で、様々な副業が巷では賑わっており、やってみたいけれど難しそうで挑戦できないと頭を抱える人も少なくないのではないでしょうか。

 

ましてや、「FXなんて難しそうだし勉強できない」「自分には無理」と真っ先に選択肢から外してしまう人も多いかと思います。

 

では、もしも、勉強もいらない、作業も簡単、チャートも見ないで投資ができるとしたら、興味を持ちませんか?

 

今回は外貨預金感覚で投資ができる方法をお伝えしたいと思います。

FXで外貨預金感覚で投資する方法

スキャルピング・デイトレ

スキャルピングとは「超短期で取引をする手法」です。
数分数秒単位で売り買いを行う手法であり、短時間で利益をたくさん取る、薄利多売の取引です。

 

経済指標などの大きな変動の可能性がある時間での取引を除けば、大きな損をすることもなく取引を終えることができます。もちろんいくらまで行ったら損切りするというルールの元ですが。
(ちなみに、スキャルピングの言葉の意味はインディアンが頭の皮を薄く剝ぐから来ているそうです。)

 

デイトレとはデイトレードの略で、「1日の内に取引を終えること」を言います。
こちらも日をまたぐこともなく、寝る前に決済するので、週末の影響や、寝ている間の出来事は影響ありません。

 

この二つの取引手法は基本的にチャートとのにらめっこになります。時間を決めてやる人もいますし、一日のほとんどをパソコンの前などで過ごす人もいます。

スイング

スイングトレードは「数日から数週間に渡って取引をすること」です。相場の波の周期を元に取引を行います。

 

見るチャートによって取引の長さは変わりますが、この取引もチャートを元に周期を見たりするのでチャートは必要不可欠になります。

中長期・ポジショントレード

中長期トレードやポジショントレードとは、「数週間から数ヶ月、数年単位でのポジションを保有する手法」です。

 

この手法もチャートを見たり分析をしたりしますが、買ってしまえば後は放置しておけば大丈夫です。それだけでお金が入ってきます。

 

分析に関しては、証券会社のサイトからこの国は伸びそうだと思う国を選んでも大丈夫です。また、個人投資家のブログも参考にしていいと思います。通貨によって賛否両論があるので、一つの情報に固執せず様々なところから情報を取るようにしましょう。

 

中長期ってどのくらい?

どのくらいの期間保有するのがいいの?

中長期投資では、保有期間は様々です。知識がない方は利益が出たらすぐに売るのもいいでしょう。
まずは”勝ち癖”をつけてください。

 

また、何度も取引するのが面倒な方は、ずっと保有してもいいかと思います。買った国の成長が止まらなければそれだけで毎日お金が入ります。

 

この後話しますが、買った国の金利と日本の金利に応じて利益が出ていたら決済するのもいいでしょう。

 

中長期投資でのお金の増やし方

中長期トレードで一番の魅力はなんと言ってもスワップポイントではないでしょうか。

スワップポイントとは、2国間通貨の金利の差を受け取る、もしくは払うことになるものです。

 

例を挙げると、
・アメリカの金利は年間1.5%
・日本の金利は年間0.1%
の場合、、、1ドル100円の時100万円をアメリカの銀行に預けると、10000ドルを預けたことになります。
この時にあなたは10000ドルはアメリカにある為、アメリカの金利がつきます。アメリカの金利は1.5%なのでアメリカにお金を預けているだけで1年後に100万円が101万5000円になるのです。(為替が変動しない場合)

 

また、FXのすごいところはレバレッジをかけられるところです。
レバレッジとは、てこという意味です。FXにおける「てこ」とは、小さいお金を大きいお金にすることです!

FXではレバレッジが25倍までかけられるので、100万円入れたら、取引できるお金が2500万円分になります。

 

2.3 どんな通貨があるのか

FXでの取引はアメリカのドル以外にもあります。

金利がアメリカよりも高く、様々な日本の証券会社で取引が可能な通貨は
オーストラリア、ニュージーランド、香港、南アフリカ、中国、トルコ、メキシコ、ブラジルです。

 

もちろんこれ以外にも金利が良い国はありますが、日本で取引が出来るのは多くなく、一般の人が情報を取るのは難しいかもしれません。

 

3 外貨預金としてオススメの通貨3つ

3.1 トルコリラ円

トルコの政策金利はなんと8%。アメリカのドルを買うよりも金利が良いだけでなく、安いのが特徴です。

 

今のレートでは30円以下で1リラ買えるので、アメリカのドルよりも3倍以上もお得です。また、金利も5倍近く高いのでドルで外貨預金をするよりもトルコリラをオススメします。

参考記事:トルコリラでスワップポイント生活

3.2 ブラジルレアル円

ブラジルの政策金利はなんと7%。アメリカのドルを買うよりも金利が良いだけでなく、こちらも安いのが特徴です。

 

今のレートでは30円ちょっとで1レアル買えるので、アメリカのドルよりも3倍近くもお得です。また、金利も4倍近く高く、利下げが続き去年7%になりましたが、今後利上げがあれば再度10%代に行くかもしれません。

 

3.3 メキシコペソ円

メキシコの政策金利はなんと7.25%。これはなんと言っても安いのが特長です。

 

上記の二つよりも圧倒的に安く、今のレートではでは6円以下で1ペソ買えるので、アメリカのドルよりも20倍近くもお得です。かなり手の出しやすい通貨だと思います。

南アフリカランド円

高金利通貨の代名詞でもあるランド円。現在はちょっと金利が下がってきてしまっていますが、それでも日本の金利が低すぎるのでスワップは狙えます。

参考記事:ランド円でスワップ生活はできるのか?

ドル円

実は今アツくなってきているのがドル円のスワップです。
ドル円と聞くと、普通にデイトレなどが思い浮かぶと思いますが、2018年3月現在、アメリカの金利が高くなってきたので為替差益だけでなくスワップ金利でも十分稼げるようになっているのです!

参考記事:アメリカの貿易情報と今後&スワップの話

 

まとめ

投資家G
日本の定期預金の金利は大手銀行の場合0.01%ほどだから、日本の銀行に預けていてもお金はほとんど増えない状況だ。
だから、余剰金は外貨預金の感覚で他国に投資するのは資金を増やすのに有効と言えるんだ。
ミサ
なるほど!早速やってみます!

いかがでしたでしょうか?
目をつけた通貨を最初に調べて、可能性を感じて買えば、後は待つだけでスワップポイントが入るという、最高の外貨預金です。

是非一度買ってみてはいかがでしょうか。また、買う際はレバレッジに注意して下さいね。