初心者でも!FXで稼ぐチャンスになる三角持ち合い!

こんにちは、まどかです。

今回は、初心者がよく気になる三角持ち合いについて、徹底的にご説明させていただきたいと思います!
このトレード戦略は極めてシンプルなので、
しっかりと理解して初心者を脱却しましょう!

三角持ち合いとは何なのか?

三角持ち合いとは、一定の価格幅で行ったり来たりするレンジ相場でよく現れるチャートのパターンです。また、(P波動)、(トライアングル)とも言われていますね。

 

この三角持ち合いは、難しいトレード戦略を必要としないので、私としては非常にシンプルで使いやすいものだと思います。
そして、確率の良い予測ができるので、初心者にもとても使いやすいものだと思います。

 

三角持ち合いが現れるとき

最初にしっかりと理解していただきたいのが、
この三角持ち合いは、いくつかのパターンで上下に違いがありますが、確率の良い予測でどちらの方向にブレイクするのかが分かるということです。

 

しかし、必ずや絶対ということはありませんので、予測と逆に行ってしまった時などは必ず損切りなどをするようにしてください。どの手法や戦略でもFXでは損切りは徹底してください。

 

これを理解した上で次の3つのパターンを利用してトレードしてください。

 

・パターン1(上昇トレンドラインと下降トレンドライン)

まず1つ目のパターンは、上昇トレンドラインと下降トレンドラインでできた三角持ち合いです。
これは、結論から言ってしまうと、上にブレイクするのか下にブレイクするのか予測不可能です。

 

なので、この三角持ち合いの場合は、ノートレードにしてください。
予測不可能な時は、無駄なトレードはしないということです。

 

・パターン2(上昇トレンドラインとレジスタンスライン)

2つ目のパターンは、下側にできた上昇トレンドラインと上側にできるレジスタンスラインです。この2つのラインの先で幅が狭くなってきたところでブレイクが起こります。

 

この場合の三角持ち合いは、上にブレイクする確率が高いです。

 

このパターンは、予測ができる三角持ち合いですね。

 

・パターン3(下降トレンドラインとサポートライン)

3つ目のパターンも予測ができる三角持ち合いです。

 

上側にできた下降トレンドラインと下にできるサポートラインでできた三角持ち合いです。これも先程のパターン2(上昇トレンドラインとレジスタンスライン)と同じで、2つのラインの先で幅が狭くなった時にブレイクします。

 

このパターンでは下にブレイクする確率が高いです。

 

・三角持ち合いを利用したトレード

三角持ち合いの意味と三角持ち合いのパターンをしっかりと理解できたら今度は、
その三角持ち合いを利用したトレードの仕方をマスターしましょう。

 

簡単に言うと、『ブレイクを利用したトレード』になります。
ここで、間違えてはいけないのが『ブレイクを予測してエントリーしておくのではない』ということです。この三角持ち合いを利用したトレードでは、あらかじめブレイクする方向を予測しておいて『ブレイクをしたらその方向にエントリー』をします。三角持ち合いはトレンド方向を判断できるものです。

三角持ち合いを見つけるときに必ず意識してほしいことは、綺麗にできた三角持ち合いです!レンジ幅で何度も反発しているようなところで結んだラインでなければ大きなブレイク又は大きなトレンドは期待できません!

 

これは、『大きな三角持ち合いの値幅とその時間でブレイクの大きさ又はトレンドの大きさが決まる』特徴があるからです!

 

シンプルに言うと、小さくて短い三角持ち合いよりも大きくて長い三角持ち合いの方が良いということです。こういうようなはっきりとした確実な所でのみトレードすることをオススメします。

 

注意しておくこと

三角持ち合いを利用する時に注意しておくべきことがあります。
それは、ブレイクの「だまし」です。

 

一度ブレイクしてもすぐに戻ってきてしまいブレイクではなかったなんてこともあります。
なので、こういうだましには、引っかからないようにブレイクでエントリーするのではなく、上昇トレンドでは押し目で、下降トレンドでは戻り目でエントリーしてください。この方法で勝率が高まると思います。

 

ただし、スキャルピングなどのような超短期トレードの場合には、ブレイクしたらすぐにエントリーしてすぐに決済してしまうと思いますので、だましに気を付ける必要はないとも言えます。

 

デイトレスイングなどの場合はだましに注意して下さい。

 

まとめ

今回ご説明させていただきました三角持ち合いは、初心者でもすごく使いやすい非常にシンプルなトレード戦略になると思いますので、是非モノにしていただければと思います。

 

しかしながら、最初に言いましたようにFXに「絶対」や「必ず」は無いので、損切りなどは確実にしてください。

 

しっかりとしたルールを守ったトレードができれば、勝率もアップでき良いトレードができるようになると思います。