FXの向き不向きとは?〇〇な人は向いている!

こんにちは、まどかです。

FXを始めたばかりだったり、あまり良い結果を残せていなかったりすると、「自分はFXに向いてないのかな。。」と落ち込むこともあるのではないでしょうか。
私自身、「私はFXに向いてるのかな??」と不安になることも実はありました。

 

そこで、「FXに向いている人・向いてない人」についてまとめました!
不安に思っている方は、この記事を読んで不安解消につなげていただければ幸いです^^

 

FXに向いていない人

まずはFXに向いていない人についてお話しようと思います。
向いていない人は、次の3つのいずれかが当てはまる人と言えるでしょう。

①簡単に儲かると思っている人
②なかなか稼げなくてすぐにやめてしまう人
③勉強もせず基礎も分からず運任せでやる人

この3つを順に説明していきます。

①簡単に稼げると思っている人

これは、細かい説明をするまでもないと思いますが、働かないで稼げるならかなり楽だと考えているパターンです。実は私もちょっとこのタイプでした。(笑)

 

FXを始める人の多くはこの考えから入る人が多いかもしれません。しかし、簡単に稼げるというのは大きな間違いです。
FXで稼いでいる人は、失敗の分析・計画、実行を繰り返して安定的な利益を上げられるようになっているものです。ですので、「FXは簡単に稼げる!」と考えている人は、そう簡単に稼げないギャップに苦しむかもしれません。

②なかなか稼げなくてやめてしまう人

これは①ともつながりますが、思うように稼げなくて長続きせずにすぐにやめてしまうような人も、向いていないと言えると思います。
すぐに辞めてしまうタイプの人は、FXの良い面しか見ずに甘い気持ちでやり始めた人に、特に多いです。

③勉強もせず基礎も分からず運任せでやる人

①と②のタイプよりもかなりマズイパターンです><

 

これは、もう投資としてではなくギャンブルとしてやってしまっていますので、一番危険だと思います。
特にこのパターンの人は、一攫千金を狙って短期で儲けようとし、一瞬で資金を失ってしまうこともあります。
知識のない状態でFXをやるのは危険ということです。

一応、しっかりと冷静になってやるべきだということで、以下の記事も参考してみてくださいね^^

参考記事:FXで9割は負けているってホント?!

 

向いていない人は上記のような感じです。
「学ぶ姿勢がなければ、FXは厳しい」ということです。でも逆に言えば、学ぶ姿勢があって実行していくことができれば、「向いていない人」から脱却できるということです!

 

では、FXに向いている人とはどんな人なのでしょうか??

 

それは、ズバリ!向いていない人の真逆です。(笑)
順に見ていきましょう!

FXに向いている人

FXに向いている人というのは、以下のような人です。

①勉強、分析、検証ができる人
②長期的な目線でトレードができる人
③メンタルコントロールができる人
④勝ち逃げがうまい

①勉強、分析、検証ができる人

向いていない人とは真逆で、簡単には稼げないことを十分に理解してきちんと学べる人です。
トレードをする前にFXの基礎を学び、学んでから実行します。負けた時は、何がいけないのか、どうしたら良いのかを分析して、時には実行する前に少額またはデモなどで検証できる人です。

そして、この作業が苦にならずできる人です。

 

稼いでいる人の多くは、自分のトレード手法をきちんと決め、そのルールをもとに確実な所で稼いでいます。
余計な所でトレードをしないで、自分に有利な場面で効率よく稼ぎましょう!

 

②長期的な目線でトレードができる人

FXはデイトレードやスキャルピングなど、短期間で効率よく稼げることができるものですが、「長期的な目線」も必要です。

1日よりも1カ月、半年、1年と長いスパンで利益を上げ続けていこうと考えられる人はFXに向いていると言えると思います。

 

一気に大きく稼げるということは、それだけ損をする可能性もあるというのがつきものです。

損をしても長期的に考え、失敗を次のトレードに活かしたり、複利で稼いだりできるようになると長期的に考えられていると言えます。
「短期の爆益よりも長期の利益」です。

③メンタルコントロールができる人

FXでは、感情的にならずにどれだけ冷静でいられるかが重要になります。①で言ったような勉強、分析、検証で作った自分のルールを実際のトレードで実行できる人です。

 

ここにきたらエントリー、ここまできたら利食いまたは損切りなどの局面で感情的にならずに淡々と実行できる人は、かなり向いていると言って良いでしょう。

④勝ち逃げがうまい

勝ち逃げがうまいというのは、単に負けないということではありません。

FXで生活をしているような人、または勝っている人は、よく言う損切りがきちんとできることは勿論ですが、

自分のトレードルールでここだという時に確実に取りに行ける人です。
休むも相場という言葉もあるようにずっとトレードしているわけではありません。

 

このようにトレードの向き不向きとは、生まれながらに持っている才能というよりは、
「FXに対する見方や心構えがきちんとしている人」と言って良いでしょう。

 

なので、真摯に勉強し、負けた時はそこから学んで成長していこうという意識があり、実行できるのであれば、
「自分はFXに向いているんだ」と自信を持って良いのではないでしょうか。

やる気があれば誰でも稼げるとは言えませんが、やる気があれば、「FXに向き不向きはない」とは言えると思います。

 

なので私も、「自分には向いていないんじゃ・・?」なんて考えず、頑張っていこうと思います!^^

再確認!あなたがFXをする理由は?

また、自分がなぜFXをやるのか、その理由を今一度考え直してからFXと向き合うとブレがなくなるので良いということです。
あなたがFXをする理由は何でしょうか?

 

それは、ほとんどの人はお金を得たいからに決まっていますよね。
それはそうなのですが、このFXをやる理由は思った以上に重要なことなんです!

 

始めたばかりは、「やるぞ!」という気持ちがすごく強いと思います。でも、なかなか上手くいかずにむしろ資金が減ってきて、最初の気合もなくなり、次第に「やっぱりやめようかな~。」などと考えるような場面にぶつかる時がやってきます。。

 

これは、誰しもがぶつかる壁だと思います。
そして、このような時に続けられるかやめてしまうかが分かれます。

 

そこで大事なのが、自分が何のためにやっているのか、なんですね!^^

 

ただラクして稼ぎたい、という理由で始めたような人は、モチベーションがもたずにすぐにやめてしまうでしょう。

でも例えば、自分でやりたいことがあり起業したい、家族のためにお金が必要だ、自分のやりたいことの資金にするなどのきちんとした理由がある場合は、モチベーションが違います。壁にぶつかった時に「FXをやる目的」を思い出すことでモチベーションを維持し、FXを続けることができると思います。

 

つまり、ただお金を得たいのではなく、稼いだお金で何かをする目的や思いがあることが大事です!
お金を稼ぐこと自体をFXをやる理由にするのではなく、稼いだその先にFXをやる理由があると考えることが重要です^^

 

まとめ

いかかでしたか?
この記事は、トレード手法などではありませんが、私としてはFXで稼ぐため、稼ぎ続けるために重要なことだと思います。

 

これから始める方に参考にしていただきたいと思いますが、うまく稼げていない人も今一度FXに対する目線や意識を考え直してからトレードをしていただけたらと思います!