FXと株、やるならどっち?違いを徹底解説!

投資と一口に言っても種類は様々ですし、「投資を始めたいけど、株とFX、どちらがいいの・・・?」と迷う方は多いと思います。
そこで今回は、投資の中でも、「株式投資」と「FX」の違いについてをご説明します!(˃̵ᴗ˂̵)و

◆共通点と相違点

まず、株式投資もFXも「投資」ということに変わりはありませんので、それぞれにリスクとリターンが存在します。この点は共通点ですね!

 

次に相違点についてですが、わかりやすいように表にまとめてみましたので、下の表をご覧ください。

  株式投資 FX
投資対象 企業 通貨
投資対象数 約4000銘柄

※ETF(上場投資信託)含む

約20~50通貨
変動要因 ミクロ経済

(企業業績などが影響)

マクロ経済

(金融政策などが影響)

取引時間 平日9時~15時

(昼休み除く)

平日24時間
レバレッジ 約3倍 最大25倍
取引額 数十万円~

(ミニ株除く)

数千円~

 

それでは、以下から、この表について順に説明していきます。

 

〇取引対象

株式投資は、日本取引所グループに上場されている上場企業が発行している株式が投資対象となります。
これに対し、FXは各国が発行する通貨(お金)が投資対象となります。

 

投資できる対象の数は、株式投資の場合上場企業数だけでも3606銘柄(2018年3月現在)なのに対し、FXでは多くとも50通貨程度です。

 

〇変動要因

まず株式投資についてですが、「企業が発行している株式が投資対象となる」という説明からお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、「その企業の業績」により大きく左右されます。

 

このため、決算が予想以上だった場合、連日ストップ高になることもあります。また、関連企業の株価もそれにつられ高くなったりします。

 

また、グローバル企業の場合、海外の株式市場の変動にも連動したり、為替が関係したりもするため、例えば、ドル円が円安となれば、トヨタやマツダなどの企業の株価は上昇します。同様に、材料を輸入している企業の場合、原油や小麦などの価格が株価に影響してきます。

 

一方、FXは国が発行している通貨であるため、各国の金融政策や経済などが大きく影響を与えます。

よく、為替はマクロ経済、株式はミクロ経済と言われますが、上記のように考えれば納得できる言葉ですね。

 

〇取引時間

取引時間に関しても、株とFXでは違いがあります。

 

株式投資の場合、平日の9時~15時(昼休み除く)が基本的な取引時間です。
もう少し正確にお話すると、株式市場は前場と後場に分かれており、前場が9時~11時30分、後場が12時30分~15時です。
また、あまり知られてはいませんが、株式取引にはPTS(私設取引)と言われる夜間取引が存在します。これは、通常の取引時間が終了した後の17時30分~23時59分(証券会社により異なる)までに行われる時間外取引のことです。また、ティタイムセッションという、8時20分~16時の間に行われる取引もあります。

 

一方、FXは平日であれば24時間取引が可能です。
FX会社によっては1日に1度メンテナンスの時間が数分程発生しますが、基本的には24時間取引ができます。

 

〇レバレッジ効果

株式投資でもFXでも、それぞれレバレッジを効かせた取引を行うことができます。

 

株式投資の場合、「保証金」を担保に差し入れることによって、投資した金額よりも大きな金額で取引ができます。

 

FXにも似たような仕組みが存在します。FXの場合、「証拠金」最大25倍の金額で取引が可能となります。
この倍率効果のことをレバレッジ効果と言います。

 

例えば、株の場合であれば、10万円の保証金で最大30万円分の株取引が可能となり、FXの場合であれば、10万円の証拠金で最大250万円の取引が可能となる!ということになります。
ただし、投資額が大きくなるということは、それだけ大きな利益を出せますが、逆を言えば損失を出した際には大きなマイナスとなるということです。

 

レバレッジを大きく効かせるということは、ハイリスク・ハイリターンとなることを念頭に置く必要があります。

 

〇投資額

株式投資の場合、ミニ株投資を除けば数十万円からであるのに対し、
FXは最低数千円から取引が可能です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ザックリと株式投資とFX投資についてご説明させていただきました。

 

もっと細かく違いと見ようとすれば、色々と出てくるのですが、それをやってしまうとキリがないのと、とても細かい話になってしまうので、今回はこの辺りで・・・。

株式投資には、株式投資の、FX投資にはFX投資のそれぞれ良さがあると思います。

 

ただ、仕事をしたりしていると使える時間は限られてきます。そういった生活の中で投資をと考えるのならFXがオススメだと私は思います。
また、取引できる数が株式に比べ圧倒的に少ないものの、少額で少しずつ資産を増やしていくのであればFXが向いています。「投資とはどういうものか?」をいうことを少ない金額で体感してみたい、まずはやってみたい、という方に、FXは始めやすい投資だと思います。

 

ぜひ、ご自身の生活リズムや自己資金と相談して、「自分に合った投資」を探してみてください。