1000通貨単位って何??なるほどそういうことか(`・ω・´)!!

こんにちは。まどかです。

 

友達に、「FXの勉強してるんだ〜」と言ってみると、
「ええ〜!FX!?大丈夫なの??」と心配をされる場合と、
「ちょっと私も興味ある!教えて!」と言われる場合があります。

 

やっぱりFXって危険なイメージがあるので、心配されるのもすごくわかります。。

 

でも、リスクを少なくしてトレードする方法はあります!
リスクを少なくする、つまり大損する不安が少ない方法の1つとして
「1000通貨単位」で取引するというものがあります。

 

FXの無料セミナーや本などで「初心者は1000通貨単位がオススメです」と書いてあるのですが、

 

「実際1000通貨単位って何?」
「何でリスクが少ないと言えるの?」

とわからないことだらけだったので、自分なりにまとめました。

 

〜目次〜
・1000通貨単位とは
・1000通貨単位のメリット
・1000通貨単位のデメリット
・1000通貨単位で一円動いたら利益(損失)はいくら?
・まとめ

 

・1000通貨単位とは

 

FXでは、「最低売買単位」というものがあり、業者によって
10,000通貨、1,000通貨と決まっています。最近では100通貨単位で売買できる所もあります。

 

個人投資家が少額でも取引ができようにと1000通貨単位が登場してきました。
中でも一番多く使われているのは「1万通貨単位」です。

 

ここで、基本を確認しましょう。
そもそも、「一通貨」とは何でしょう?
「一通貨」とは、その国の通貨単位のこと。
「一通貨」とは日本円であれば「1円」、米ドルであれば「1ドル」のことです。

 

では、「1000通貨」とは?
「1,000通貨単位」とは、ドルであれば1,000ドル、ユーロであれば1,000ユーロのことです。
「1万通貨単位」とはドルであれば1万ドルのこと、ユーロであれば1万ユーロのことです。
単純ですね。

 

色々な通貨があるので「通貨」という言葉を使っているだけで、例えばドル円だけ見れば
1,000通貨単位の場合、
「1,000ドルを円で売買する」ということです。

 

・1万通貨の場合

【ドル円】1ドル=100円で
10,000ドル×100円=100万円

つまり、100万円の取引をすることになります。

 

・1000通貨の場合

「1000通貨単位」だと、単純に1万通貨の10分の1になります。
【ドル円】1ドル=100円で
1,000ドル×100円=10万円

つまり、10万円の取引をすることになります。

 

100万円の取引と聞くと、「そんな大きな額!?」と尻込みしてしまうかもしれませんが、
「10万円」ならかなりハードルが下がりますよね。これが初心者にオススメと言われる1つの理由です。

 

・1000通貨単位のメリット

これからFXを始める私としては、「できる限りリスクを少なくしたい」という思いがあります。そんな初心者にとっては1000通貨単位が良いと思います。

 

その理由は、

①少額でFX取引ができる
②小回りがきく
③様々な手法を試せる

です。順に見ていきましょう。

①少額でFX取引ができる

1000通貨単位なら、単純に1万通貨単位の10分の1で取引ができます。
初心者はまずはデモ口座で慣れることが大事ですが、デモ口座だけずっとやっているわけにはいきません。

 

デモトレードは身銭を切っていないので緊張感がどうしても出ないという面があります。
デモ口座である程度慣れたら、まずは「1000通貨単位」でトレードしてみるのが良いと思っています。

1000通貨単位での取引なら、4400円前後でドルを購入することが可能です。
これは、レバレッジを最大の25倍で使用した場合です。
10万円の取引を25分の1の4400円から取引ができるということです。

 

とはいえ、数値上は4400円から可能ですが、
フルレバレッジはリスクも高いので最低でも10,000円はあった方が良さそうです。

 

株や不動産などの投資は、ある程度まとまった額の資金が必要になりますが、
FXの場合はかなり少額から始められるのも魅力の1つでしょう。

②小回りがきく

細かくトレードできることも魅力だと思います。
1万通貨の場合だと、当然ながら最低でも1万通貨からの購入になります。

 

でも1000通貨単位なら、上がるか下がるか分からない時に
半分の5000通貨だけ決済したり、3分の一だけ決済したりと細かく動かすことも可能です。

 

③様々な手法を試せる

FXのトレード手法には実に様々なものがありますよね。
初めて使ってみる手法を、いきなり1万通貨単位で試すのは抵抗がある、、そんな場合は、1000通貨で小さく試すのが良さそうです。

・1000通貨単位のデメリット

1000通貨単位にデメリットはあるのでしょうか?

 

主に以下のようなものが挙げられます。

①大きくは稼ぎにくい
②手数料が有料の業者がある

①大きくは稼ぎにくい

下でも説明をしますが、1000通貨単位は1万通貨単位の10分の1の取引なので、利益も10分の1です。
ですので、どうしても「大きく稼ぎたい」という場合は1万通貨で取引している人よりは不利な面があると言えるかもしれません。

 

とはいえ、1000通貨単位は損失も10分の一なので、リスクが少ないという点は大きなメリットです。

②手数料が有料の業者がある

1万通貨単位にも言えることですが1000通貨単位での取引には、業者によっては「手数料」が無料ではない業者もあるので注意が必要です。

 

取引する前にはしっかり確認するようにしましょう!

・1000通貨単位で一円動いたら利益(損失)はいくら?

1,000通貨単位で取引をすると、1円の値動きでどのくらいの利益・損失になるのでしょうか?
いくら動いたらいくらくらいの利益(損失)という感覚を身に付けたいですよね。
順に見ていきましょう!

・1000通貨単位の場合

ドル円で1ドル=100円の時に買ったとして
1ドル=101円になったので売ったするとどうなるか考えてみましょう。

購入時は1000ドル×100円=100,000円
売却時は1000ドル×101円=101,000円

つまり、1000円の利益です。

 

・1万通貨の場合

ドル円で1ドル=100円の時に買ったとして
1ドル=101円になったので売ったするとどうなるか考えてみましょう。

購入時は10,000ドル×100円=100万円
売却時は10,000ドル×101円=101万円

つまり、10,000円の利益です。

 

1000通貨単位では、1円の値動きで1000円の利益、損失が出ます。
ですので、「大きく稼ぐ」ことは難しい面があるかもしれませんね。

・まとめ

初心者としてはできるだけリスクを抑えて取引したいですよね!

 

「FXに興味があるけれどなかなか始められない」という人も多いと聞きますが、それはやはり「リスク」が怖いというところだと思います。
でも、1000通貨単位であれば、リスクを少なくして少額で取引が可能なので、ぜひやってみると良さそうです。

 

私もまずはデモトレード、そして慣れてきたらまずは「1000通貨単位」でやってみようと思っています!